トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.28

だって、ねぇ…?

@nifty:NEWS@nifty:「英国民は冷たい」…嘆きのチャールズ英皇太子(読売新聞)

私は英国民じゃないけど、「愛していない女と結婚して、子供を作った。」なんて言ったも同然の人を、尊敬できないわ。
おまけにそれが「人の指示」だってーのは……いい大人の発言とは思えない。
自分の結婚と地位でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

結局は、損得勘定で、決めてしまうな。

コリアン・ザ・サード: 教育って大事ですねにて、2ちゃんねるで明かされた怖い事件を知りました。
↑の記事で、枠の中に、簡単なまとめを置いておられます。

日本人女性会社員(24歳)が、上司の裏切りにより、韓国人男性3人に、怖い目に遭わされる、と言う話です。
上手く対処できたから、まだましな結果で終わったものの、下手をすれば、この女性は輪姦でもされてたのでは、と想像してしまうケースです。


そして、もっと詳しくまとめているのが、【ネット街宣車で駅前に繰り出す迷惑極まりないやくざ】mumurブログ: 姉さん、事件です・・・・・なのですが、こちらに、「この話は、ネタだ。嘘だ。嫌韓を煽る目的の物だ。」と言う苦情が、山と来ているようなのです。(途中までは私もコメント読んでましたが、もうやめてしまいました。)

どうでしょうね~。所詮、匿名掲示板発の話ですからね~。
「本当」とも「嘘」とも証明しきれないと思うし、証明できる筈の人達(例えば当の日本人女性会社員さんとか)も、そこまでする義務は無いと思う。(見知らぬ人間から攻撃を受けるかもだし。)


で、私自身の判断はと言うと、

・この話が嘘なのに、本当と信じた場合
 →無実の韓国人男性の名誉が傷付く。

・この話が本当なのに、嘘と判断した場合
 →自分も妊娠出産可能な日本人女性なのに、同じ状況に陥っても警戒せず、酷い目に遭わされるかも。

と考えて、頭の片隅に自衛知識として取っておく事にしました。
未知の韓国人男性の名誉より、自分の生命・身体・精神を守る事を選びます。やはり~。


ところで、こちらの話も、mumurブログさんに有ったのですが、……こちらは、私の感覚では救いが無くて、読んでて落ち込む………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

社会保険庁って……

小泉首相の年金履歴、287人も見たんだって」の報に関連して、初めて知った記事、これ↓。

社保庁 「興味本位」で閲覧:金融ニュース:@Money : Yomiuri On-Line (読売新聞)

去年の7月の物です。(残ってるものなんですねー。)
今更ですが、ひきました。漫画で表現するとすれば、「顔に縦線」……。
本当は文章を引用したかったのですけど、「無断転載禁止」と記事の下に書いてあって、個人ブログで許される範囲がわからなかったので、やめにしました~。(←初心者ですし。) 詳しくは上の記事を読みに行ってみて下さい。

そして、この記事を読んで、ひいた部分その1。
 ・端末を扱う職員が、約1万4000人。
 ・作られた閲覧用の磁気カードは、2万7000枚。
引き算してみましょう。

27000 - 14000 = 13000
1万3000の差

カードの枚数って、そのまま「閲覧できる権利」の数って事ですよね? 何で、その権利が必要な職員の2倍近く作っているのでしょう? その余ったカードは何処行ってるのか考えると、怖いんですけど。
人様の大事な情報を預かってる自覚は……無いんですよね。愚問でした。

そして、この記事を読んで、ひいた部分その2。
 ・課長補佐や係長クラスが、非公式の会議で、庁の運営に関わる事を実質的に決めてしまう。
 ・その会議の存在を知った上司が出席を希望したら、上司を入れた会議を形だけ開き、改めて上司抜きの極秘会議を開催。

これも怖いよぅ……。上司を排除して、事を決めたがる部下。
もしこの会議で決定した事で問題が起きたら、上司も責任取らされるのでないの?
理不尽だ………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

意外な事と納得な事

男と女:
相手への“ひそかな願望”とは? ハーレクイン

へぇぇぇ~。と、感心しました。

現実的な男性と、夢見る女性とにくっきり分かれた形だ。

昔から聞いてきたのは、「女性の方が現実的」という言葉でしたが、恋愛に関しては逆だって事かなぁ?

 さらに「もし相手の外見を整形で変えられるならどうするか」との質問には半数が「何も変えない」という答え。もっとも2位には男性が「胸を大きくしてほしい」(18%)、女性が「植毛してほしい」「脂肪吸引してほしい」(各10%)と“正直”な解答もあった。

女性側の『“正直”な解答』には………ごめんなさい。思い切り納得しました。(特に太っている男性を恋愛対象とする事に、まだ抵抗有るのです~。肉体的接触をいつかしなければならないと思うと! プラトニックなら良いのだけど…。)
男性側の“正直”な解答には、「ふーん。そんなもんかぁ」て、ところですね。(←憤慨しないのは、自分の胸を小さいと思ってない奴だからなのか? それもそれで……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.17

義理チョコが役に立つ時

(トラックバック練習させて頂きま~す。)

2年前のバレンタインデイより、今の職場で、義理チョコをばらまく真似をやっております。
やっぱり、ホワイトデイにお返しをくれる人とくれない人がいらっしゃいます。
そして、気が付きました。
いくら自分に対する態度が良くても、受け取ったお礼を言うだけで、ホワイトデイにお返しをくれない人は、私に気が無いのね。って事です。
これは、はっきり判って便利です~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.13

開始です。


やってしまいました。

前から、「やってみよっかなー」と、うずうずしていた、ブログ。
今夜ついに誘惑(何の?)に負け、登録手続きしてしまいました!

最初の投稿は、これだけにしておきます。
夜が明けたら、喜んで次の投稿をするか、それとも青くなって、設定したばかりのこのブログを削除してしまうか、私、まだわかりません♪

でもでも、しばらくの間、宜しくお願い致しますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月 »