« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.30

目が点。

先の記事を投稿し終わって、今度はmumurブログさんに行ったら、また凄い事を知ってしまいまして、連続投稿。

NIKKEI NET:国際 ニュース

「中国はどの国も侵略したことはない」

「頭、だいじょーぶなのか、おい!」と心配したのは、私だけではない筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今現在の人権擁護委員のやっている事。

散歩道さんの記事で知りました。そちらの方が判り易く表示されているので、見に行かれると、良いでしょう~。

正直、人権擁護法案って、私は良く判らないのです。
(「簡単に説明している」と言うページを見ても、『煽り』を感じる部分が有ったりして、鵜呑みに出来ない。)
しかし、人権擁護委員に絶大な権力を与える代物らしいですね。
(何処で読んだかはっきり覚えてないけど、首相官邸も家宅捜索できるとか………。)

…そして、今の人権擁護委員には、日本のテレビカメラに向かってあのような暴言を吐く保健師の味方が、複数居るのだ
と言うか、日弁連(日本弁護士連合会)自体が味方みたい…。
「主催:日本弁護士連合会・東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会」だもん。
日本の未来を暗く感じてしまうよ。↓
シンポジウム「外国人の社会参画のこれから」
~東京都管理職選考国籍条項を是とする2005年1月26日最高裁大法廷判決を受けて~

■ パネリスト
鄭 香 均 氏  (東京都管理職選考国籍条項訴訟原告)
金 敬 得 弁護士 (東京都管理職選考国籍条項訴訟原告代理人)
江 橋 崇 氏  (法政大学法学部教授)
丹羽 雅雄 弁護士 (日弁連人権擁護委員会第6部会長)

■ コーディネーター
水野 彰子弁護士 (日弁連人権擁護委員会委員)
市川 正司弁護士 (同上

■ 総合司会
高 英 毅弁護士 (日弁連人権擁護委員会委員)
師岡 康子弁護士 (同上


どのくらい、人が集まったのでしょうね?


(2005年4月5日、誤変換が有った事に気付き、直しました。申し訳ありませんでした。………何処だったか知っておられましたか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戻って来たって!

トラックバックを頂いて知りました。
やっぱり知っていて頂きたい。でご紹介したブログで探されていた娘さん、
お帰りになったようです

やったー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

名残を惜しんで参りました。

なんですとー!!で、希望していた、「談話室 滝沢」再訪問、今日新宿に出向く用事が有ったので、帰り道に足を伸ばして、新宿中央口店に行って来ました。(ああ、良かった……)
どうやら以前行ったのは、別の支店だったようです。記憶と全然違っていましたから~。

鯉が! 確かに鯉が居ました!

いつも休日はこうなのか、それとも閉店の噂が広まりきっているのか、満席でした。
でも、店の中を歩き回って、鯉とか眺めていたら、すぐに席に案内されました。
3人座れるテーブルを一人で使って(向かいに空席二つ♪)、贅沢気分でしたわ。
抹茶と、ミルクティー&デニッシュのセットで、おかわり機能を使った事にしてもらって、1600円。
(ミルクティー、初めからミルクと紅茶が混ぜてあって、泡が立っていたので、少しびびりました。「カプチーノと間違われた…?」と思って。)

満足でした。
そして、さようなら、滝沢……。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

やっぱり知っていて頂きたい。

もうかなり広がっているお話なので、ご存じかも知れませんが、
ブログも使って、行方不明になった11歳の娘さんを探しているお母さんが、いらしゃいます。
こちら→つぐみ、どこにいるの?

ご存じない方は、1回見てあげて下さい。
ひょっとしたら、あなたがさっき見た子かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.03.23

竹島問題解説!

またも、mumurブログさんの記事から知った毎日新聞の記事。(本当に毎度ありがとうございます。)

(MSN-Mainichi INTERACTIVE 韓国) 特集WORLD・素朴な大疑問:竹島問題
本当に素人でも読める分かり易い内容でした。
お陰で、すっきり致しました♪

ところで、余計な話。
「当時の李承晩(イスンマン)韓国大統領」
今回初めて、この人名の読みを知ったのです。
そして、一瞬「インスマウス」と読み間違えてしまった事は、どちら様に謝っておけば良いと思いますか…?
(……十代の頃に『魔界水滸伝』を読んでいましてね……。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.22

「尖閣の日」!?

或る場所でこのニュースが有る事を知り、急いで確認しに行きました。
石垣市議会が「尖閣の日」提案の動き(琉球新報ニュース)

先に謝っておきます。 「二番煎じ!? つまらない~」と思った事を。
でも
島根県議会による「竹島の日」条例可決に触発された形」とは言え、韓国の馬山市(でしたっけ?)の「対馬の日」の後でも有りますし、縁起が良いのだか悪いのだか、微妙な印象を受けます……。(あ。と言う事は、本当は三番煎じになるのか。)

まあ、私は、「竹島の日」条例騒動で初めて、竹島の現状を知ったし、「尖閣の日」によって尖閣諸島の事を知ろうと思うようになるかも知れません。
しかし、
尖閣諸島は、何処の国と争っていたっけ?
記事によると、中国と台湾ですね。韓国じゃないですね。

領土問題で挑発する相手を、同時期に増やさない方が良いのじゃないかな……。


(3月24日、リンク先が変わっている事にやっと気が付いたので、直しました。御迷惑をお掛けしました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解説 or 分析 ぷりーず

「竹島」をキーワードに、ブログを見て回っていたのです。
そして、どう解釈して良いのだか分からない記事に出会いました。
こちら↓
竹のいっぱい生えてる竹島。

韓国に付き合って、日本まで燃え上がる必要は無い、と言う所は、同意できます。
が、何と言うか……

島根県が作ったこの説明ページ程度は否定できる客観性の高い根拠をお持ちでいらっしゃるのかな~、とか。
・批判コメントを書き込んだ方達より、ちゃんと竹島問題を調べていらっしゃった上で、こう仰っているのかな、とか。
・そもそもこの方の言う「メディアリテラシー」って、私の思っていた意味とは違うのだろうか? とか。

そう言う疑問がふつふつと浮かんで来るのです。
多分、私の読解力が不足しているのでしょう。
だから、お願いします。
どなたか、この記事を読んで、解説をお願い致します! どう言う目的の物かの分析でも良いです!
とにかく、なんか、すっきりしないんです~~。

あと、やめとこうかとも思いましたが、やはり当該記事さんにもトラックバックしてみます。
御本人から解説を頂けるかも♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

本気で、言ってるんでしょーか?

最近の韓国については、↑のように思う事も珍しくはなくなりましたが。

Sankei Web 国際 韓国、竹島に地震観測所 日本とホットライン開設も(03/21 17:43)

この記事読みますと、「今までのなんて、まだ甘かった。」と思ってしまいます。

領有権を争っている島に、自分達の観測所を建てた上、その争っている相手がくれる情報を当てにするとは。
何、考えてんだろう?
本気で言いなりになると…………思ってる?? 今までの日本て、そうだったんですかね。

取り敢えず、ここ使って、「この計画にのらないで」と言う内容のメッセージを、国土交通省と外務省と内閣官房に送ってみました。(初めて使ったけど、同じ文を一度に送る事が出来るのが便利です。もっと早く使っても良かったかも。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

そうか、そうだよね。

「目から鱗」でございました。
『外国』に遊びに来ているのだよ?で書いた韓国人遭難事件の話から、知ったブログさんなんですが、そこにお書きになっていた、或るお言葉について。

日々悶々と:これぞ韓流!韓国人と結婚すれば踏み倒し自由!

助けてもらって謝罪と賠償要求するやつなんてそうそう居ない

そうですよね。何故今まで気が付かなかったのか、自分が不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんですとー!!

@nifty:NEWS@nifty:消えゆく老舗、喫茶店「談話室滝沢」が歴史に幕(読売新聞)

し、知らなかった……。
今月末ですか。ぎりぎりもう一度行けるかしら………。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

まだ凹むよ。

(思わず新規カテゴリ作った~!)

昨夜、もっと違う事で此処の記事を書こうと思ったのです。しかし、
「これから自殺します。敵を撃って」と書いてあったリンク
をクリックしてみて、出てきた記事を読んで落ち込み、書く気まで消えてしまいました。
台詞だけでフィクションと思い込んではいけませんでした。
それなりに年を取り、このような話にも慣れてきたと思ったのに、まだ駄目だったようです。

しかし、まだこんな事が現実に有るのですね。
もう、こういった悪人(←勿論言い切ってやる!)は、小説か何かの中にしか居ないと、思っておりました。
特に、教え子を騙して呼び出し、犯しておきながら、

「あの教授は言ったんです。二部の学生である私が何を訴えても、『大学は、教授である私を信じ、君のことは信じない』って」。

その台詞は何だ! 差別意識丸出し。
結局は口封じとは言え、こう言う事を言える輩が、人に物を教える商売をしていると言うのは、納得いかない。
(こいつ、「『教授』は、『二部の学生』を好きにしても良い身分と思っていた」と、解釈されても文句は言えないぞ。事実だろうけど。)
大学を離れれば、対等の人と人でしかないと言う事を、理解できなかった? とんでもないね。

そして、思ったのですけど、
このような男が同じ社会に実在すると言う事が、女にとって、どれだけの悪夢か、
理解できる殿方は、この世界にどれだけ居るのかな、と。
「きっと少ないんだろーなー」と思っている私は、まだまだ男性を甘く見てますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

『外国』に遊びに来ているのだよ?

日本のスキー場に来た韓国人観光客が遭難し、助かったけれど、捜索費の支払いを拒否していると言う話が、有ります。

この出来事について使えそうな一般的ニュースサイトの記事を自分で捕まえられなかったのですが、
「散歩道」さんの所山形新聞の記事を、知りました。
(ありがとうございます~。)

韓国では事故・事件の際に当事者の実名は伏せるケースが多い上、スキー場側が捜索費を出す場合もあり

「だから何。」と思ってしまいます。
大抵、外国に旅行に出る時って、その土地の簡単な常識とか慣習とか非常時の対応とかは、頭に入れて行きませんか?
私は外国で遭難の可能性が有るスポーツをした事が有りませんが、する時は遭難などした場合にどんな扱いを受けるか頭に入れておくと思うし、それが出来なかったら「知ろうとしなかった自分が悪い」と判断するでしょう。
(と言うか、日本人がヨーロッパなどで同じような事になったら、現地の常識に従った対応をすると思うのですよね。)

この人達は何故、日本の常識が韓国のそれと同じと思い込んだのでしょうか?
住民の姿が似ているから?
(そう言えば、日本人観光客が同じような感覚で韓国に行き、酷い目にあった、と言う噂を聞いた事があったな。)
でも、外国なのです。良く知らないのに、自分の国と同じと思うのが間違っていると、思うのです。


韓国人客を積極誘致しながら、ハングルでの案内板や放送がないといった落ち度もあった」としている。

もし、「韓国国内と同じようにふるまえる」と宣伝していたのなら、
ホテル側は「温泉街の各施設が誘客に頑張っている矢先に、今回の問題で水をさしてはいけない」との判断から、肩代わりすることで問題収束を図ることを検討している。

も、やむをえないかと思う。が、
一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、

「スキー」や「遭難」と何の関係が? 日本に何しに来たの?
て言うか、一般観光客の揉め事で国家間の問題を出すって何?
(国民全体にそう言う教育がされている、とか? まさか……)


ここまで書いた後、同じ出来事について書いたブログを回ってみました。
そして、mumurブログさんの記事に、「それももっともだ」と思いましたので、私もトラックバックをたくさん(←自分基準)してみようと思います。宜しくお願い致しますv
【他にトラックバックに挑戦してみたブログさんの記事】
http://blog.livedoor.jp/f_117/archives/16402931.html
http://hoshiyo.cocolog-nifty.com/hitomebore/2005/03/post_11.html
http://blog.goo.ne.jp/wakainkyo/e/2aeee87e8f14af73bd2b9da99cd1157b
コリアン・ザ・サードさんでは関連記事が二つ有り、迷いましたが両方とも。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/000488.html
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/16398946.html

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ホワイトデイ?で良いのか?

昨日(15日)、職場で、更に贈り物を二つ頂いた。気が付いたら届いていた。
しかし、メモも付いていないので、1日遅れのホワイトデイのつもりなのか、座席引越しの餞別かは分からず。

片方は定番のお菓子だったが、もう片方は、クラッカー(もちろん食べ物の方)
そして、クラッカーの贈り主は、はっきりと誰だか分かったので、しばらく悩む。
……「酒飲み」と判断されての、選択か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

そう言えば

今日が、ホワイトデイなんですよね。
Blogpetのアクセス解析を見るようになって気が付いたのですけど、「ホワイトデイ」で検索して、このブログを見に来る方が、結構いらっしゃるんですよ。
なので、御報告します。今日の職場での獲得品、
お洒落なお菓子の箱1個
です。
差出人は「新人一同」でした。(気がついたら机の上に有ったのです。お互いシャイですな…。←自分のバレンタイン時の配布も似たような方法だったので。
「毎回同じような方法で配っているから、前から居る人には、飽きが来るんだろーなー」
と思いつつ、手に出来たお返しは有り難く頂こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肝試しで白骨死体発見

@nifty:NEWS@nifty:肝試しで白骨死体見つける奈良(共同通信)

元々、私は肝試しと言う物が好きではありませんが、
こんな結果が出る肝試し、嫌です……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

言う相手と言葉が違うんじゃ?

@nifty:NEWS@nifty:「他国軍隊になぜ警護頼る」サマワ自衛隊に豪記者質問(読売新聞)

前回の投稿の件もそうだったけど、筋違いな話だと思うのである。

記者ってどの位の割合でこう言うのが居るのだろ?
それと、

取材申請の手続きが遅れて陸自から取材をいったん拒否されたこともあり、

これって、どちらのミスなの?
記者側のミスだったら、逆恨みくさい……。


あと、
例の朝日新聞vsNHK騒動の影響で、
この記事が今日、読売新聞に出たのは、何処の誰のため?
なんて、考えてしまう自分がおりますわ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.06

おつかれさまです。(T-T)

コリアン・ザ・サード: 過剰な押し付けはお断りでの、らーさんの宣言を読んで、まず、そう思いました。
まともな人ほど、文句を言われ易いんだと、実感した次第です。

そして、前にも似たような事を考えた事が有ったのを、思い出しました。
昨年の4月でしたっけ? イラクで日本人が3人誘拐され、自衛隊撤退の要求がテロリストから出された時です。
あの時、日本国民(多分)の怒りの声の多くは、犯人であるテロリストではなく、それに対峙する日本政府に向かっていました。
それが、私にはかなり不思議でした。一番悪いのは犯人である事を、皆知っているのに、どうしてこうなるのか、と。
そして、当時の私は、こういった結論を出しました。
自分の言葉が通じると分かっている相手に、文句を言うのだ、と。
言語の違いとかそう言うのではなく、自分が何故このような事を言うのかを理解できる相手にしか、文句・苦情を言わないのです。無駄だから。
例えば、人が死んでいく事を屁とも思わない人間に、「そんな事をしたら、絶対誰か死ぬ。やめろ」と言っても、止められない。
結局、無駄な事はしたくないから、自分の持つ理屈が通じる相手に、自分の言葉をぶつけるのだと、思います。

昨年の人質騒動では、自分の要求を通すために暴力を用いる相手に、一般日本国民の言葉が通じると思えなかったから、対する日本政府の方に苦情を出したし、
コリアン・ザ・サードさんに、反日な韓国人その他をどうにかしてくれとコメントが来たのは、その反日な韓国人その他よりも、まだこちらの話を分かってくれるのではないかと、期待が有ったのではないかと、思います。
期待できると評価された結果だとしても、言われる側としては、ひたすら理不尽で迷惑な話なんですけどね。

どうして、こういう仕組みになってしまうのでしょう? そこまではまだ理解していないのです。
心理学とか調べれば分かるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

本当にこういう人って現代日本に居たんですね。

@nifty:NEWS@nifty:転落「世界一の富豪」堤容疑者(読売新聞)

↑読んでみて下さい。
私、こう言うお金持ち(権力者)って、漫画や映画や小説など、とにかく架空の世界にしか居ない気がしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日韓友情年」中止署名運動、有りました!

韓流なんていらないさんにて署名運動にご協力下さいをやっておられます。
「日韓友情年2005年」の中止を求める物です。

私は、ネットでの署名運動がどれだけ効果が有るのか知りませんが、今回ばかりは参加してみようかと思っております。
だって現在、日本と韓国、お互いの『友情』の意味が、かなり違うようなのですもの~。
この状態でやって、何処で成功できると思う? 「失敗してもやる事に意味が有る」とか言うつもり? 学生の部活動とかならともかく、税金も使うような『仕事』でしょう?
と言う事で、「中止」が正解ではと。

これ投稿し終わったら、行って参りま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »