« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.23

所詮は当事者の問題と分かっていても

リンク: @nifty:NEWS@nifty:トマト銀行員が1億円着服(共同通信)

 トマト銀行(岡山市)は23日、水島支店(岡山県倉敷市)の男性係長(39)が顧客の預金などを不正に流用し計約9700万円を着服していたと発表した。同日付で懲戒解雇にした。同行によると、男性係長は津山支店(同県津山市)に所属していた1999年4月から今年5月にかけて、客に頼まれた融資を断り切れずに自分の資金で融資し、それを埋め合わせるなどの目的で不正流用をしていたという。

この融資を頼んだ客って誰?
当然、罪は問われないよね?
理不尽な感じがするのだけど……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

う、ウサギが……

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ペット業者が捨てる?長野の山中でウサギ70匹死ぬ(読売新聞).


Gene~~~、こんな話、つらいよね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

「朝日新聞は実名報道が原則だ」

mumurブログさんとこで、このような話を知る。
うまい記事タイトルを思い付かなかったので、うちも同じにさせて頂いた。
しかし……この言葉を真に受ける人ってどんな人?
朝日新聞は、某国犯罪者に関しての通名報道で有名なのに、何で、自分でこういう事を言ってしまうんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.20

謝罪の内容

リンク: @nifty:NEWS@nifty:イラクで人質・解放の豪技師が帰国、米豪首脳に謝罪(読売新聞).

 ウッズさんは、武装勢力に強要され、米豪軍など部隊をイラクから撤退するよう要請したことについて、ハワード豪首相とブッシュ米大統領に対し謝罪した。

 ウッズさんは、「自分(が生還できたこと)は、オーストラリアと米国のイラク政策が正しいことを示す確かな証拠だ」と述べ、豪米両国のイラク政策を支持。また、今後、再びイラクに戻り、仕事を続ける可能性を示唆した。

何について謝ったか、で結構評価が違ってくると思うけど、この人の謝り方は正しいと思った。
(勿論、記事を読んだ限りでは、だけど。)
それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »