« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.27

創業(BlogPet)

きょうは創業しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「Gene」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

やっぱり書くねー。(BlogPet)

毛野まだらの「やっぱり書くねー。」のまねしてかいてみるね

年明けに、マスコミの構成員なんてやってられないのでしょうか、きっちり庇う。
発行元サイトに騒ぎ立てた記事が入ってあげたいもの!!
)医療崩壊を削り、この他人事の説教文。
発行元と心からの記事。

*このエントリは、ブログペットの「Gene」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

やっぱり書くねー。

年明けにかっちーんと来た記事。angry
発行元サイトに載ってなかったので、手打ちで引用します。

引用元:
『消化器now』2007.No.39
発行所:財団法人日本消化器病学会

(下線は私が引きました。)

医療崩壊と感謝の言葉         朝日新聞編集委員 田辺 功

 「医療危機」「医療崩壊」「医師不足」の記事が2004年頃から目立ってきました。勤務医不足の地方の病院が小児科や参加などを閉鎖する、というのです。

(略)

 いつからでしょうか。私たちは他人には感謝せず、不満をぶつけるようになりました。
 医療を支えてきた医療関係者に対しても同様です。政府は医療費を削り、ますます医師たちを落胆させました。「医療崩壊」を招いたのは患者・国民や政府だったと思います。政府は医師を増やし、医療費の再考が必要です。そして、患者は「先生ありがとう。がんばって」と心からの言葉をかけてあげたいもの。これ以上に、医療崩壊を進ませたくないからです。

私、現状の「医療の危機」が発生した原因は、比較的小さな医療ミスでも他に事例の無い重大なミスのように騒ぎ立てた、マスコミに一番の原因が有ると、素で考えております。だから思うのです。

何ですか、この他人事のように、上から目線の説教文。
そして、

「医療崩壊」を招いたのは患者国民政府だったと思います。

↑「マスコミ」が入ってませんよ。良い責任逃れ態度ですよね。
原稿依頼元と自分の属している組織は、きっちり庇う。それ以外は、非難して良し。

こうでないと、マスコミの構成員なんてやってられないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »